様々なPOSレジスターの種類と特徴

商売をするときに活躍してくれるのがPOSと呼ばれる機器です。これはデータ収集できる機器とレジが一体になっている商品であって、導入すれば快適に経営できるメリットを持ちます。具体的にどのようなことができるのかというと、商品がどれくらい売れたのかを調べられる機器です。さらに何曜日のどんな天気の日に売れたのかも確認できるため、商品の仕入れを調整しやすくなる優れものとなっています。多店舗展開を行っている会社であれば本店のパソコンを使用し、他のお店の売上データをリアルタイムで確認できるのです。これにより的確な判断を店舗に支持できるメリットもあります。商品データを本体に記録できる機能を使えば商品価格の打ち間違えを大幅に減らす事が可能です。POSは複数の種類が用意されているので、どんなものがあるのか知っておくと良いでしょう。

ターミナル型とパソコン型を知る

コンビニや飲食店で多く導入されているのがターミナル型のPOSレジです。こちらはレジにディスプレイが付属する機器で、バーコード読み取りリーダーを使用し商品を会計できます。ソフトウェアをカスタマイズできる機能を持つため、業態に合わせて内容の変更が可能です。販売価格は一台あたり50万円くらいするので、ある程度資金力のある会社に適しています。また機器の老朽化により一定期間で買い替える必要もあるのです。パソコン型のPOSレジは法人用に作られているパソコンにソフトウェアをインストールして使います。周辺機器を使用すると機能拡張できるので、業態によってカスタマイズも自由です。本社と店舗のやり取りも簡単に行うことができるため、データ収集も簡単といえます。こちらはある程度パソコンを使える技術が必要です。

 タブレットPOSの魅力を知っておこう

近年新たなパソコンとして注目を浴びているのがタブレットPCです。手で持てるパソコンとして一般企業から家庭まで浸透している商品となっています。タブレットPCは専用のアプリをインストールすると様々な機能を付加できるのです。POSはレジも最近はタブレットを使用した物が多く、従来のPOSより安価に導入できることから注目されています。今までのPOSに比べると初期費用が安く、タブレット本体の値段とアプリの月額費用だけで済むのです。1台導入しても6万円から7万円程度なので小さな企業でも導入しやすいといえるでしょう。安いからといって侮ることはできず、飲食店用なら予約の対応や注文の受付ができます。また商品の仕入れも簡単に手続きできる、従業員の給与も計算できる機能を持つのです。より高機能な物を求めているならタブレットPOSレジが良いでしょう。