従来のレジスターとPOSレジの違い

従来のレジスターは顧客との売買が行われるときの金銭のやり取りを紙に印字するために使われています。顧客にもその記録としてレシートが渡されます。売上金が収納できる引き出しがついていて必要な時にだけ開くことができる機能が付いています。POSレジは販売時点の情報を収集することを目的とした装置です。レジと名前が付いているので従来のレジスター同様に金銭のやり取りを登録したり、売上金の収納などの機能はついています。基本的な金額の入力方法は金額の直接入力ではなく単品ごとに事前に設定した情報の選択によって行われます。操作をする従業員は購買されたその単品の値段がいくらか知らなくても問題になりません。複数の商品を扱う場合には誤入力をするリスクを減少させうることができるシステムです。

POSレジを導入することで変わること

事前に全ての商品の金額を入力することができるので、従来のレジスターでは大変な金額の入力が不要です。だからその分会計にかかる時間を減らすことができます。短時間でも入力ミスが起きにくいため安定した会計を行うことができます。商品全てに金額の表示をする必要もありません。商品の値段は事前に登録したものが会計時に自動で適用されます。また、金額の変更を簡単に瞬時に行うことができます。従来のレジスターでは金額変更の度に商品に貼付してある表示を変更したり、従業員に変更を周知する必要がありました。POSシステムならメインのデータ更新を行うことで全てのレジの金額設定が更新されます。例えば他店との競争や雨の日の特価など早めに対応したい時に簡単に確実に行うことができます。

売り上げデータの集計と一元管理が可能

POSレジを使うと多くの種類のデータが収集可能になります。従来のレジスターでは1日の売り上げの総計が表示される程度です。単品の金額が設定されているPOSシステムではどの商品がどれぐらい売れたのかがわかるようになります。当日の天気や購入者の性別、年齢などの情報を組み合わせることでその後の仕入れに必要な情報として活用することができます。感覚的な仕入れや予想だけの在庫管理などで不良在庫を増やすことや販売促進の機会を失うことがなくなります。何が必要なことで無駄なことはなにかが数字として現れるようになります。また、複数のレジスターを使っている場合や複数店舗がある場合でも情報の共有が可能となり総合的な売り上げの集計が容易に行うことができます。それが登録だけを目的とした従来のレジスターとの違いです。